SORA

株式会社オーイーシーOEC Corporation

日本語
ENGLISH
企業名株式会社オーイーシー
所在地〒870-0037 大分市東春日町17-57
代表者職氏名代表取締役社長 加藤 健
資本金100,000,000円
従業員数502人
設立年1966年
電話番号097−537−1212
FAX番号097-537-2694
HPアドレスhttps://www.oec.co.jp/
担当者職氏名DX推進事業部長 野﨑 浩司
担当者メールアドレスnozaki@oec.co.jp

主要製品・業務

主要製品・自治体向け 公共施設予約システム「eG-Reserve」
・自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT(ダクト)」
・事業者向けメンタルヘルスチェッククラウドサービス
「Health Checker for cloud(ヘルスチェッカー フォークラウド)」
・AI遺失物管理システム「pickture(ピクチャ)」
得意な業務・ソフトウェアの開発から導入、保守までシステムに関してトータル支援
・AI、IoT、ドローンなど、最新技術を用いたDX推進
・ネットワーク基盤等の構築
・パソコンやサーバなど、ICT機器の販売、保守サービス
得意な技術・ソフトウェア開発(Webアプリ、スマホアプリ)
・AI(物体検出、画像識別、顔認証、感情分析、テキストマイニングなど)
・位置情報処理(GPS、GIS)
・SAR衛星データ解析

主要機械・設備

機械・設備名 型式・能力・寸法 台数
画像解析プログラム 画像内の特定物の検出や複数枚画像から差分の検出など 1
ヘルスチェッカー フォークラウド ヘルスチェッカー フォークラウド

アピールポイント

近年、DX(デジタルトランスフォーメーション)が注目され、ますますITの必要性が高まっています。
当社は、創立から培ってきたソフトウェア開発技術に加え、近年ではAIやIoTといった最新技術にも挑戦し、実績が増えてきました。
特にAI技術では画像解析(写真から特定の物体の検出など)に力を入れており、自社製品も販売しております。
また、宇宙関連ビジネスでは、位置情報処理(GPS、GIS)やSAR衛星データ解析等に取り組み始めました。
お客様の困りごとを、課題発見から解決まで一緒に取り組む「共創」やアイデアソン等の企画・運営も多数実績があります。
これらの取り組みに興味をお持ちの企業様がいらっしゃれば、ぜひお声かけください。

Company NameOEC Corporation
Address17-57, Higashi-Kasuga-machi, Oita City
Name of representativeTakeshi Kato
Capital100,000,000 yen
Number of employees502
Phone+81-97−537−1212
URLhttps://www.oec.co.jp/
Name of the person in chargeHiroshi Nozaki, DX Promotion Division
Person in charge E-mail addressnozaki@oec.co.jp

Main products and businesses

Major products・eG-Reserve (public facility reservation system for local governments)
・Drone Flight Location Control Tool for Local Governments "DUCT "
・Mental health check cloud service for businesses
"Health Checker for cloud"
・AI Lost Material Control System "pickture"
Specialized work・Total support for systems from software development to installation and maintenance
・Promote DX using the latest technologies, such as AI, IoT, drones, etc.
・Construction of network infrastructure
・Sales and maintenance services for ICT equipment such as PCs and servers
Expertise・Software development (Web app, smartphone app)
・AI (object detection, image identification, face authentication, emotional analysis, text mining, etc.)
・Position information processing (GPS, GIS)
・SAR satellite data analysis

Main machinery and equipment

Name Model, Capacity, and Dimensions Number of units
Image analysis program Image analysis programDetection of specific objects in an image, detection of differences from multiple images, etc. 1
Health checker fork cloud Health checker fork cloud

Appeal point


In recent years, DX (Digital Transformation) has attracted attention, and the need for IT is increasing.
In addition to the software development technologies we have cultivated since our foundation, in recent years we have also taken on the challenge of cutting-edge technologies such as AI and IoT, and our track record has increased.
In particular, AI technology focuses on image analysis (detection of specific objects from photographs, etc.), and we also sell our own products.
In the space-related business, we have also begun working on location information processing (GPS, GIS) and SAR satellite data analysis.
We have many achievements in the planning and operation of "co-creation" and ideasons that work together to identify and solve their problems.
If there are any companies interested in these initiatives, please feel free to contact us.

PAGE TOP